スキンケア

【水洗顔にワセリンが最強!】肌荒れで何もつけられない時のスキンケア

わたしは毎年季節の変わり目には肌荒れを繰り返します。

いつも「肌に何もつけたくない!」と心底思います。

ただ、肌荒れによっては「何も塗らない方が悪化する」場合もあります。

そんな時、肌の状態に応じて自分だけの緊急スキンケア法があれば安心です。

この記事では、わたしが肌荒れで何もつけられない時にする最低限のスキンケアを紹介します。

肌荒れがひどい時は次の①〜③を順番に試します。

  1. 何も塗らない(洗顔も控える)
  2. 水洗顔にワセリン
  3. ↑に敏感肌用化粧水を足す

結論から言うと、水洗顔に高純度ワセリンが最強です。

それでは早速順番に見ていきましょう!

【①何も塗らない】肌荒れが最高にひどい時

肌に刺激を与えないことが大切なので、水もしみるようなひどい肌荒れの時は何もつけずに数日間様子を見るのがおすすめです。

水洗顔(水だけの洗顔)や化粧も控えます。

わたしは季節の変わり目に必ず肌荒れを起こすので「いつものことか」とガックリしますが、そうでない方は皮膚科に行くのもおすすめですよ!自己判断よりも早く治ります。

先日、フェイシャルトリートメントもする知り合いのセラピストさんが同じようなことを言っていました。

葉月
葉月
「肌が自分で分泌液とかを出して保護するから、本当に肌荒れがひどい時は何も塗らないほうがいいよ〜」と。

水洗顔も刺激に感じるようなひどい肌荒れの場合は、何も塗らないで様子を見てもいいかもしれません。

肌が落ち着いてきたら水洗顔とワセリンから試してみるのがおすすめです。

【②水洗顔にワセリン】最低限のスキンケアから始める

わたしは、季節の変わり目に必ずといっていいほど肌荒れを起こします。

そんな時は、美容部員さんに教えてもらった最低限のスキンケア方法で乗り切っています(個人的に最強)。

その方法とは‥

水洗顔後の肌に低刺激・敏感肌用のワセリンを直塗り!

以上!

とても簡単です。

普通、洗顔後は化粧水をつけますがその行程をブッ飛ばします。「えっ・・いいの?」って感じがしますが良いそうです。

ワセリンは不純物が多いと肌荒れを悪化させる原因にもなるので、必ず高純度のワセリンを使用します。

【③敏感肌用の化粧水を足す】肌が落ち着いてきた時

水洗顔とワセリンを使用して肌が落ち着いてきたら、いつも使う化粧水よりさらに敏感肌用の化粧水を足します。

あまりひどくない肌荒れの際にも有効です!

ポイントは、普段使っている化粧水よりもさらに優しいもの(超低刺激&敏感肌用)を選ぶことです。

美容成分が入っている化粧水は肌の刺激になることもあるので、肌に水分を与えることを重視しているものを選んでください。

キョウキオラの無添加化粧水は弱酸性純水(無添加)なので、肌が敏感な時でも使えます。

こちらの記事に使用感など書いたので参考にしてみてくださいね。

【キョウキオラ】お試しをした評価!敏感肌でも安心して使えるわたしは30代ですが、最近洗顔後の化粧水がなかなか肌に浸透せず乾燥肌に悩んでいました。 今手持ちのスキンケアに何かプラスで保湿でき...

【水洗顔にワセリンが最強説】まとめ

肌が荒れていて、メイクどころかスキンケアもままならない時は本当に辛いですよね。

鏡を見るたびに泣きたくなります。

そんな時でも「この方法なら大丈夫」と安心できるお守りのようなスキンケアがあると気分も全然違います!

一番大切なのは肌に刺激を与えないことです。

わたしはいつも肌荒れに困った時用にワセリンや化粧水をストックしています。

肌が荒れたり敏感肌がさらに敏感に傾いた時は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

error: Content is protected !!