陽子の日常

2020年を振り返って/スパルタな1年だったな

まだクリスマスも来ていないけど、2020年を振り返りたくなったので今年の出来事を振り返ってみようと思います。

ごくごく自己満足の記事でございます。

BGMは小袋成彬「分離派の夏」でお願いします。

離婚調停が成立した2020年

2020年に起きた大きな出来事としてはやっぱりこれ、離婚調停が成立したことでした。

離婚調停は1年と少しかかったので、調停はライフスタイルの一部に溶け込むまでになっていました。

「本当にこれ終わるのか?」と思っていたけれど、ある日スパッと成立しました(笑)

わっ、今日成立した!‥とポカ〜んとしてしまうほどあっさり終わりました。

それほどもう離婚に対して何も執着もなかったので、特に「やったー終わったぞ!」というような達成感などは一切なく、「あ、そうですか、終わりましたか、さいですか‥。」って感じで予想外の体感でした。

それでもやっぱり離婚調停中はいつも心のどこかに「嫌だなぁ」という影があったので、それから解放されたことはとても嬉しいです。

20代の頃に経験した1度目の離婚では、離婚届を私が市役所に出しに行ったので、そのぶん「終わった!これで離婚できたんだ‥。」と感慨深くもなりましたが、それは若かったためかもしれません。

離婚調停はそういうのがないので、改姓手続きなどで「離婚日はいつですか?」と聞かれてもいまいちピンとこない、いつかわからないっていうピントが合わないような感じでした。

自分に厳しく結果を追い求めたチャレンジの2020年

2020年はとにかく初めから駆け足で、自分を追い込んだな〜という感じです。

仕事の面で。

新しく始めたこともあったし、ずっとやりたかったけどしてこなかった事にも挑戦したし、たくさん勉強したし、たくさん試行錯誤して修正したし、今まで知らない人たちと新たに出会ったし‥

とにかく眠る時間や休憩する時間を削って、ガムシャラにやって‥きつかったです(笑)

そう、楽しくはなかったなぁ。それが反省点です。

自分や家族と過ごす時間を削って仕事をしていると、「あれ、なんのために私これやっているんだっけ?」という気持ちが湧いてきていました。

「犠牲にしていない?一番大事なもの」、って自分で途中で気づきました。

それでもはたから見たら、わたし自身はあまり変化なく見えたんじゃないかな〜と思います。

ひたすら結果を求めて疾走した1年だったけれど、思いのほか収穫があったのは内面の変化でした。

来年はもっとリラックスしたり、楽しむ時間を持つのが理想ですね。自分に甘く!です。

今年は「旅行に行く」ことが唯一楽しみな目標でもあったんですが、コロナで難しかったですね。あ、でも夏休みはちょっといい場所へ出かけました。

それでもそこで仕事をしてしまったんですが。やっぱり楽しむときは楽しむ!という当然のことをもっともっとやっていきたい、そういう風に真面目すぎるわたしは思いますね。

hscの子育てに翻弄された2020年

hsc(ひといちばい敏感な子)の子育てって疲れるんですよね。といっても、普通に2歳児の育児ってみんな疲れると思うんですが。

娘が2歳になってからHSC疑惑が色濃くなって、これはケアしないと日常生活を送るのが難しい時がある‥という気づきが初めての壁でした。

園でも「通わせるのを考えてください」と言われ、療育にも通い、悩み、本当に大変な1年でした。

さらには娘の水腎症などによる病院通い(笑)

しまいには2020年が終わろうとしているところに高熱が続き、コロナの検査までしました‥。

本当に、色々と学ばされた(と思うしかない)濃い子育ての1年でした。2歳は一生忘れません。

色々経験して思ったのは、娘自身がとても頑張っていろんな事に挑戦したり、成長してくれているということ‥。とても大変だけど、そのぶん喜びもたくさんあって、本当に「2020年は育児の1年」と言っても過言ではないかも。

わたし自身は仕事に身を入れたかったので、予想外にも娘とたくさん子育てに向き合う事になって、仕事との両立にこれでもかと悩みました。

娘が生まれて小さい頃は以前の結婚相手との仲が悪く、家庭の雰囲気が良くなったのであまり構ってあげられなかったせいか、こうやって今娘とたくさん濃い時間を過ごせたのは良かったと思います。

自分にダメ出しし続けた2020年

これですね〜。いけません。どうしてわたしは自分にダメ出しし続けていたんだろう?

多分いろいろと自信をなくして、「こうじゃなきゃいけない」とか思い込んで自分を罰していたのだと思います。

理想と違う、とか。

これじゃダメだ、とか。

もっと頑張らないといけない、とか。

仕事も育児も大変だったというのもあるけど、離婚調停が長く続いていたせいもあってか、意識が「自分←→自分」に行きやすかったんですね。

そもそも、2020年始めにたてた目標は「人と繋がる!」でした。

理由は、結婚してから専業主婦になりすぐ子供を出産して、なぜかすごく社交性がthe end状態になってしまったからです。

おまけに夫婦関係も破綻し、子供はオギャァ!って感じて会話できないし(多分hscで、娘は寝ないし敏感でその頃から大変でした)。

だからわたしは2020年は人(他者)と繋がりたいと思ったわけでした。

がしかし実際は、「自分」と繋がる1年でした。それは、人と繋がる前に必要な作業だったと思います。1年もかかりましたが。

ついつい自分を責める意識になっていましたが、それでも「わたしってどんな人間だろう?」という問いをし続けてきたと思うし、いろんな、本当にたくさんの気づきや感動や納得、反省などがありました。

自分を客観的に見れるようになった気がします。

そして自分と前よりも仲良くなった(10代の頃、人類で一番嫌いな相手は自分でした)し、自分がどんな人間なのかも前よりも知ることができました。

子育てを通して学んだことも多かったですが‥。

自分自分自分‥の1年って微妙だけど(笑)ここまで自分と向き合える時間があった事にも感謝しています。

2021年の目標は「人(社会)と繋がる」事ですね!もうじゅうぶん準備完了って感じなので、来年はそういうことを楽しくやっていきたいと思っています。

って2020年の目標と一緒だけども。

あとはやるやる詐欺になっている「英語」の上達です。というのも、仕事上あったほうがいいというのと、ゆくゆくは海外に行きたいと思っているからです(コロナ収束見えませんが‥)。

error: Content is protected !!